Page contents

CakePHPの規約

私たちは「設定より規約」(convention over configuration)という考え方に賛成です。 CakePHPの規約を習得するには少し時間がかかりますが、長い目で見ると時間を節約していることになります。 規約に従うと自由に使える機能が増えますし、設定ファイルを調べまわってメンテナンスするという悪夢からも開放されます。 規約によって開発が統一感を持つため、開発者が加わってすぐに手伝うということがやりやすくなります。

CakePHPの規約は長年のweb開発経験とベストプラクティスを精錬したものです。 CakePHPでの開発にはこれらの規約の利用をお勧めしますが、特に既存システムと作業しなければいけない場合などのために、条項の大部分は独自設定できる、という点も述べておきましょう。

コントローラの規約

コントローラのクラス名は複数形でキャメル記法で、最後に Controller が付きます。 PeopleControllerLatestArticlesController は規約に合ったコントローラ名の例となります。

コントローラに最初に書くメソッドは、おそらく index() メソッドでしょう。 リクエストによってコントローラは指定されたがアクションは指定されなかったという場合、CakePHP のデフォルト動作では、そのコントローラの index() メソッドを実行することになっています。 例えば、 http://www.example.com/apples/ へのリクエストは ApplesControllerindex() メソッドを呼ぶようにマップされ、 http://www.example.com/apples/view は、 ApplesControllerview() メソッドにマップされます。

コントローラ関数名の先頭にアンダースコア(_)を付けることで、CakePHP のコントローラメソッドを隠蔽することが可能です。 アンダースコアが付けられたコントローラメソッドは web 上では見えないように設定され、内部での利用のみ可能になります。例えば:

<?php
class NewsController extends AppController {

    function latest() {
        $this->_findNewArticles();
    }

    function _findNewArticles() {
        //最新のニュース記事を取得するロジック
    }
}

http://www.example.com/news/latest/ のページにユーザーがアクセス可能であっても、 http://www.example.com/news/_findNewArticles/ を取得しようとするとエラーになるでしょう。 なぜなら、メソッドの先頭にアンダースコアが付いているからです。 メソッドがURLからアクセスできるかどうかを、PHPのアクセス権キーワードを使って指示することもできます。 publicでないメソッドはアクセスできません。

コントローラ名とURL

前節の通り、ひとつの単語からなる名前のコントローラは、簡単に小文字のURLパスにマップできます。 例えば、 ApplesController (ファイル名は’ApplesController.php’)には、 http://example.com/apples としてアクセスできます。

複数の単語からなる名前のコントローラは、コントローラ名と等価になるようなさまざまな形式が 考えられます 。つまり:

  • /redApples
  • /RedApples
  • /Red_apples
  • /red_apples

は全て、 RedApples コントローラの index アクションとして解決されます。 しかしながら、 URL は小文字とアンダースコアを用いるというのが規約であり、 RedApplesController::go_pick アクションにアクセスするための正しい形式は /red_apples/go_pick となります。

CakePHP の URL とパラメータの取り扱いに関するより詳細な情報は、 routes-configuration を参照してください。

ファイルとクラス名の規約

通常、ファイル名はクラス名にマッチしたものになり、キャメルケースとなります。 従って、Cakeで MyNiftyClass というクラスがあれば、ファイルは MyNiftyClass.php と命名されるでしょう。 以下にCakePHPのアプリケーションで典型的に使うであろう種々のクラス毎のファイルにどう命名するかの例を挙げます:

  • KissesAndHugsController というコントローラのクラスは、 KissesAndHugsController.php という名前にします。
  • MyHandyComponent というコンポーネントのクラスは、 MyHandyComponent.php というファイル名にします。
  • OptionValue というモデルのクラスは、 OptionValue.php というファイル名にします。
  • EspeciallyFunkableBehavior というビヘイビアのクラスは、 EspeciallyFunkableBehavior.php というファイル名にします。
  • SuperSimpleView というビューのクラスは、 SuperSimpleView.php というファイル名にします。
  • BestEverHelper というヘルパーのクラスは、 BestEverHelper.php というファイル名にします。

各ファイルは、 app フォルダ内のそれぞれ適切なフォルダの中に配置します。

モデルとデータベースの規約

モデルのクラス名は単数形でキャメル記法です。 Person、BigPerson、ReallyBigPerson などは規約に合ったモデル名です。

CakePHP のモデルに対応するテーブル名は、複数形でアンダースコア記法です。 上記の例で言えば、テーブル名はそれぞれ、 people、 big_peoplereally_big_people になります。

ユーティリティライブラリの Inflector を使って、単語の単数形・複数形を判定することができます。 より詳しい情報は、 Inflector を読んでください。

二個以上の単語で構成されるフィールドの名前は、 first_name のようにアンダースコア記法になります。

hasMany, blongsTo, hasOne 中の外部キーは、デフォルトで関連するモデルの(単数形の)名前に _id を付けたものとして認識されます。 ケーキ職人(Backer)がケーキ(Cake)を複数持っている(hasMany)としたら、cakes テーブルは、baker_id を外部キーとして bakers テーブルのデータを参照します。 categoly_types のような複数の単語のテーブルでは、外部キーは categoty_type_id のようになるでしょう。

モデル間の hasAndBelongsToMany (HABTM) の関係で使用される join テーブルは、join するテーブルに合わせて、アルファベット順に(zebras_apples ではなく、apples_zebras)並べた名前にしてください。

CakePHP モデルの相互に作用する全てのテーブル(join テーブルは除く)は、それぞれの列を一意に識別する単一フィールドのプライマリーキーが必要です。 単一のプライマリーキーを持たないテーブルをモデリングする場合、テーブルに単一フィールドのプライマリーキーを追加することが CakePHP の規約です。 このようなテーブルのモデルを使いたい場合は、単一フィールドのプライマリーキーを追加する必要があります。

CakePHP は複合主キーをサポートしません。 join テーブルのデータを直接操作したい場合は、直接 query を呼び出すか、通常のモデルのように振舞えるよう主キーを追加してください。 例は次のようになります:

CREATE TABLE posts_tags (
id INT(10) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
post_id INT(10) NOT NULL,
tag_id INT(10) NOT NULL,
PRIMARY KEY(id));

また、主キーをオートインクリメントとしてではなく、char(36)として使用しても構いません。 そうすると、Model::save メソッドを使って新規レコードを保存するとき、Cakeはユニークな36文字のuuid (String::uuid) を用いようとします。

ビューの規約

ビューのテンプレートファイルは、それを表示するコントローラの関数に合わせた、アンダースコア記法で名前が付きます。 PeopleControllerクラスのgetReady()関数は、ビューテンプレートとして、/app/views/people/get_ready.ctpを探すことになります。

基本パターンは、 /app/views/コントローラ名/アンダースコア記法_関数名.ctpです。

各部分をCakePHPの規約に合わせて命名しておくことで、混乱を招く面倒な設定をしなくても機能的に動作するようになります。 以下が最後の規約に合った命名の例です

  • データベースのテーブル: “people”
  • モデルクラス: “Person”、 場所は /app/Model/Person.php
  • コントローラクラス: “PeopleController”、 場所は /app/Controller/PeopleController.php
  • ビューのテンプレート、場所は /app/View/People/index.ctp

これらの規約により、CakePHPは、http://example.com/people/ へのリクエストを、PeopleControllerのindex()関数にマップします。 そして、Personモデルが自動的に使える(データベースの’people’テーブルに自動的に接続される)ようになり、表示されることになります。 必要なクラスとファイルを作成しただけでこれらの関係が設定されています。

さて、これでCakePHPの基本について一通り理解できました。 物事がどう組み合わせられるかを確かめるために、 ブログチュートリアル を体験することができるでしょう。